2021年10月実施スタンディングフロー・オンライン養成コース

お申し込みは下記オンラインセミナーページよりお願いいたします。

Balletoneの由来

「バレ」はバレエ、「トン」は身体の筋肉を整えるという意味の造語です。


発祥の地

ニューヨークのバレエダンサーによって作られたプログラムであり、日本では2007年からプログラムを始動しました。


どんなプログラムなのか

Balletoneはどなたでもチャレンジできます!

バレエのコンディショニングで、筋力・柔軟性・心と体の融合を得ることができます。

関節に優しいローインパクトです。強度はいかようにも構成できるプログラムです。

Balletoneには3つの種類があります

  1. バレトン ソール・シンセシス : フィットネス&バレエ&ヨガの3つの要素を融合した、新感覚のエクササイズ。
  2. バレトン スタンディング・フロー : バレエの要素を主にしている、マインド&ボディ系エクササイズ。
  3. バレトン センター・ムーブス : バレエの要素にカーディオパートをプラスしたインターバルワークアウトエクササイズ。

Standing Flow ★今回養成実施のコース!!

特にダンサーではない人々のためにデザインされたスタイルのコンディショニングプログラムであり、ダンスやピラテス、ヨガそしてフィットネスからのトレーニングテクニックをブレンドしています。

楽しさや爽快なワークアウトを提供するものであり、器具や小道具を使わずにコアの強化や筋持久力、動的バランス、そして柔軟性を作り上げていきます。

「…次の千年におけるフィットネス」などと呼ばれているスタンディング・フローは皆さんを動かし続けて、モチベーションをあげ、そして精神的にも集中した躍動的なワークアウトであり、全身の筋肉を使います。

強化と柔軟性のワークアウトであり、ダンスのコンディショニング法を用いてデザインされており、わかりやすいフィットネスのフォーマットで提供されるものです。ソール・シンセシスで行った内容を復習しながらも、さらにバレエの要素を学んでいきます。オンラインの場合 20時間で行い、最終日には試験があります。

コースの流れ :

概説、解剖学の分析、身体の位置、クラスデザイン(ウォームアップ・バーワークコンビネーション・アレグロ・クールダウン&スタンディングストレッチ・フロアワーク・ストレッチ&リラクゼーション)、指導スキル、クラスプラン

認定書 :

合格者には「Balletone Standing Flowインストラクター」認定書を発行いたします。

 
 
10月31日バレトンブラッシュアップセミナー
 
★ブラッシュアップはバレトン認定者対象となっております。
ワークショップは認定をお持ちでない方、バレトンを体験してみたい方、どなたでもご参加可能です。
 
【講 師】大滝智子 バレトンマスタートレーナー
 
【時 間】9:30~12:30 ソールシンセシスBU
     マニュアルの復習 ・質疑応答
 
     12:30~13:15 ソールシンセシスWS レッスン
 
     14:15~15:00スタンディングフローWSレッスン

     (バリエーションを多く含む構成で行います)
 
     15:00~18:00スタンディングフローBU
     マニュアルの復習 ・質疑応答
 
【参加費】BU 各12,650円(税込)
     WS 各2,200円(税込)
 
参加希望の方はお問合せフォームよりお申し込みください。
 
 

close