第3回「ダンス指導・運動指導 効果的なトレーニング方法」セミナーin広島

インストラクターだけでなく、実際にダンズに取り組んでいる方たちも参加し、体感できる実践のセミナーをお届けします。

第3回になった今回は、会場も市内でも老舗の『パーソナルジム棗塾大手町校』さまにお願いし、パーソナルトレーナーの皆さんにも現場で活かしやすいヒント、リアリティある企画をなっております。

講師はダンサー向けセミナーシリースを担当して頂いている、

パーソナルトレーニングスタジオSP-Body 小林祐二先生をお迎えしております。

前回に引き続きご参加のダンス指導者のかたからは・・・

最近ダンスの生徒達のことで気になっていることとして

①肩甲骨周りの弱さか、いはゆる猫背で顎が出がち。

バレエやジャズは肩甲骨をグッと引き下げる必要があるが実際、どこの筋肉をどう鍛えていく必要があるのか。また、その方法

②特に10代の子達の足裏の筋肉が弱く、いはゆる扁平足。

土踏まずが落ちている子が多い。タオルギャザーや足指の運動位では変化なみられない。

体重のかけ方や膝の位置配置を整えて一時的には適正な見た目にはなるが、実際にはそれでは強化されたことにはならず。一進一退。

などとご質問を頂いています。

前回は股関節の可動域をテーマとし、上記のような具体的な事例を元にして、

実際に悩みを抱えているダンサーの方たちにご参加頂き、ビフォー&アフターを確認して頂きました。

信を得て頂くための実践型のセミナーです。

是非、ご参加ご検討ください。

今回は特に少人数限定10名での実施とさせて頂きます。

お問い合わせは・・・ fitpro.a@oregano.ocn.ne.jp  天方迄

 

テーマ:ダンスパフォーマンスを通して、動きづくり・カラダづくりのあり方を考える

日 程 : 2018年6月17日(日)13:00~17:00 4時間

講 師 : 小林祐二先生

パーソナルトレーニングスタジオSP-Body

会 場 : 棗塾 大手町校

広島市中区大手町1丁目1-27 河内ビル7階

https://www.natsumejuku.com/

参加費:8,640円(税込)